テキスト×映像×コミュニケーション教材 クロスラーニング

テキスト×映像×コミュニケーション教材 クロスラーニング

テキスト×映像×コミュニケーション教材 クロスラーニング

現在のパソコン教室の現状、課題と

ウォンツ・ジャパンオリジナル中高年専用パソコン教材のご紹介。

これまでの業界の歴史

クロスラーニングのご紹介:目次

飽和状態のパソコン教室業界

パソコンが企業~個人まで爆発的に普及した2000年代初頭。
同時に急激な勢いで成長したパソコン教室は、2011年現在、全国に3,000教室存在し、 業界が既に飽和状態であると言われています。同じ地域にライバルのパソコン教室がいくつもあり、 常に価格/サービス比較にさらされ、商圏の奪い合いが発生しているのです。

パソコン教室数の推移グラフ

教室運営の課題

スマート端末に代表されるICT機器の高機能化と急速な普及に伴い、生徒様のニーズも変化しています。
「パソコンが使えるようになりたい」を満たせばよい時代は終わり、いまは「私は○○がしたい」という、生徒様ごとに細分化されたニーズに対応しなければなりません。

そのためには、生徒様のレベル・目的に応じて授業を調整する必要があります。
しかしその準備はインストラクターにとって大変な負担です。勉強する時間が取れなくなり、忙しさのあまり生徒様への対応が不十分になる危険と常に隣り合わせです。

また、さまざまなニーズに対応することでいっぱいになるあまり、忙しい割に、売上が比例して上がっていかないというケースもでてきます。従来の運営の仕組みも新しく見直していく必要があるのです。

オーナーはスキルの高いインストラクターを常に求めていますが、その育成は一朝一夕にできるものではありません。
質の高いサービスを維持しつつ生徒様を増やす、という当然のことを実現するのが、どんどん困難になってきているのが現状です。

パソコン教室黎明期
パソコン教室飽和期

矢印
これらを解決するべく、当社が開発したのが、「クロスラーニング」です。

生徒様×インストラクター×オーナー様の想いを「クロスラーニング」がサポート!

全ての解決は、まず何よりも生徒様のニーズをきめ細やかに汲みとり、そのニーズを満たす授業を行うことから始まります。
そして次に、生徒様とのコミュニケーションを重視し、生徒様が通いたくなる楽しい教室作りが必要です。

これらを実現するカギは、インストラクターのスキルの差を補いつつ、生徒様と触れ合いながら楽しい授業ができることにあります。

「楽しくしっかり教わりたい」
「生徒様の役に立つ授業をしたい」
「たくさん生徒様に継続的に通っていただきたい」

これら、生徒様、インストラクター、オーナーの三者の想いを実現する教材が「クロスラーニング」です。
「テキスト」と「映像」を組み合わせた新しいスタイルで、パソコン教室を徹底サポートいたします。

まとめ

  • 単純な価格競争になると、教室が疲弊していく。従来の運営スタイルのみでは、難しくなってきている
  • 「生き残る」パソコン教室になるには、きめ細やかなコミュニケーション+安定した教室運営の仕組みづくりが必要。
  • 生徒様、インストラクター、オーナーを全てサポートする教材が「クロスラーニング」!

目次へ戻る

POiNT1 新教材「クロスラーニング」※サンプル教材を公開中

クロスラーニング紹介ムービー(11分)

クロスラーニングの開発経緯と特徴、開発責任者の想いをご紹介いたします。

テキスト×映像×コミュニケーション三位一体の教材

これまで、テキスト教材をメインとして扱うところ、また映像教材を主として扱う教室の2種類が存在していました。
ですが、実際に運営してみると、そのどちらにも良いところが有り、また欠点が存在しました。

テキスト 映像
長所
  • 手元にテキストが残るため、生徒様が自宅でも復習できる=身に付く。
  • 生徒様とコミュニケーションをとりながら学習を進められる=継続率が高い
  • 少人数のインストラクターでも教室運営が可能=人件費削減
  • 幅広いジャンルの授業を展開できるため、ワード/エクセル等のコース以外にも、様々なコンテンツを提供できる
短所
  • インストラクタースキルの高い先生でないと、使いこなせず、生徒様の満足度を十分に満たせない。
  • 一度に対応できる生徒様の人数が左右される。
  • 生徒様とのコミュニケーション不足=理解度、ニーズの変化をつかみにくい
  • インストラクターが直接指導する授業より安価にせざるをえない
  • できた気持ちにはなるが、しっかり身についていないこともある。

そこで、このテキストに、短い時間の映像を融合し、お互いの欠点をカバー。
更に、これからの教室運営に必要不可欠な「コミュニケーション」を生み出す要素を加えた教材を開発しました。

3つのポイント

インストラクターが制作を担当!テキスト教材

このテキスト(A4サイズ)の大きな特長は、実際に現場で生徒様と直に接しているインストラクターが自ら構成を手がけているところにあります。
イラストや図も、インストラクターとデザイナーが直接打ち合わせ、その意図を明確に表現しました。。

サンプルテキストのダウンロードはこちら

テキストのポイント

テキストのポイント

テキストのポイント

ポイント1 読みやすい大きな文字

中高年の生徒様にも読みやすいように、大きな文字を使用。
またページ当たりの文字数を制限することで、「読む」テキストではなく、「コミュニケーションが生まれる」テキストにしました。

ポイント2 重要な箇所には映像が付属

動きが複雑だったり、細かい操作については、テキストに加えて映像教材が付属しています。
また概念の説明や、これから始まるレッスン紹介など、生徒様に楽しんで頂けるように工夫を凝らしました。
映像のサンプルはこちら

ポイント3 図・イラストを豊富に使用

写真やイラストを多く使うことで、「読むのが苦手…」という生徒様も安心です。
パソコンの画面の図(スクリーンショット)をテキスト内で大きく扱うことで、細かい操作にも迷いません。
また、キャラクターを多用した「マンガ」で、これからするレッスンへのイメージを膨らますことができます。

テキストのポイント

テキストのポイント

テキストのポイント

ポイント4 分かりやすい表現・言葉

パソコン教室の多くがターゲットとしている「中高年の方」に伝わりやすいよう、平易な言葉や表現を使うように気を配りました。
時にはユニークな表現も登場し、笑いが絶えない授業のお手伝いをいたします。

ポイント5 生活シーンに根ざした題材

パソコン教室で受講したことを、生活に役立てて欲しい。
そんな願いから、レッスンの題材には、「町内会のおたより」や「家計簿」「年賀状」のように、普段の生活に密着した題材を選定しています。

ポイント6 チャレンジ問題や課題を多数収録

各章末のチャレンジ問題に、巻末の総合復習課題と、復習用の課題を豊富に収録。
これにより、インストラクターが生徒様お一人お一人のレベルを掌握しやすくなり、つまづきポイントを確実に解決=満足度向上が期待できます。
また、随所に出てくるコラム「ステップUP」で、生徒様のレベルに応じて、授業の難易度をカスタマイズ可能。満足度の向上にお役立ていただけます。

映像制作10年の実績から生まれた、短時間の映像教材

しかしテキストでは、文字やスクリーンショットなどの画像から、動きのある操作を想像するのは初心者にとっては難しいものがあります。この点において非常に秀でているのが映像教材です。また、言葉と画像では伝えにくい概念的な説明も、映像ならばすんなり伝わります。

映像を見ている間は、パソコンの操作をすることなく、ゆったりとした気持ちで学習内容を確認することができます。動画は10分間以内なので、生徒様も集中して取り組むことが可能です。視聴後、実際にテキストを見ながら、先生と一緒に学ぶことができるので、理解度がさらにアップします!

サンプル映像

テキスト中の見出しに、「映像教材があります」と表示がある場合、本映像を再生してください。ぜひ、サンプルテキストと照らし合わせてご覧下さい。

映像教材マーク

継続率を高める、コミュニケーションをプラス

クロスラーニングが最も重要視しているのが、「コミュニケーション」です。 生徒様が複数名いらっしゃる時にでも、インストラクター様が時間を小刻みに作ることができるので、自然とコミュニケーションの時間が増えます。それによって生徒様との信頼を築きながら、ニーズを把握し、その解決策を提示することで、満足につなげることができるのです。

開発責任者にインストラクター歴10年、現役教室運営オーナーを採用

パソコン教室の黎明期よりインストラクターを務め、現在は「パソコン教室★ウォンツ!福井本校」の運営責任者である西村英子が責任者として、本教材をインストラクターの視点からオーナー(経営者)の視点から開発をプロデュースしています。

クロスラーニング開発責任:西村英子

開発責任者:西村 英子 (にしむら えいこ)
プロフィール

パソコン教室★ウォンツ 福井本校のオーナー、講師歴10年のベテランインストラクター。ICTマスターとして、生活に密着したパソコンの使い方を生徒様に提案、継続率を飛躍的に向上させることに成功。新規開校者向けの研修を担当する。
企業/法人向けに、「社デジ化」を掲げ、パソコンを仕事の効率アップ&情報共有に活用するITセミナーを請け負う。
また、出張講師として、パソコン/スマートフォン/iPhone/クラウド活用/ソーシャルネットワークサービス活用など、幅広く活躍。

経歴
2001年
パソコン教室ウォンツ!神明校を担当(直営教室)
2006年
パソコン教室ウォンツ! やしろ校を担当(オーナー運営教室)
2006年
パソコン教室ウォンツ! 福井本校 教室運営責任者(直営教室)
外部講師歴
2010年8月
iPhone入門講座、ビジネス活用講座
2010年11月
ラーメン店フランチャイズ 店長IT研修
2011年3月
iPhoneビジネス活用講座「どっと混むふくい」様
2011年3月
SNSビジネス活用 Facebook入門講座
「福井県産業支援センター」様
2011年5月
ビジネスマンの為のクラウド入門講座
「コニュニティーリゾート リライム カルチャー部門」様
2011年5月
スマートフォン教室講師向けセミナー「ドコモ代理店」様
2011年7月
クラウド時代のインターネット活用術
「福井県産業支援センター」様
直営教室 パソコン教室★ウォンツ 福井本校

2010年4月開校。パソコン初心者のためのコース~実践講座まで、合計8つの基本コースを用意。その他、デジタル一眼レフカメラコース、イラストレーターコース、保育士コース、ビジネス基礎コースと、お客様のニーズを基に新コースを開設。順調に業績を伸ばす。
パソコン教室★ウォンツ 福井本校
910-0841 福井県福井市開発町7-1-1竹下ビル1F TEL&FAX:0776-52-3714

教室の風景 教室の風景 教室の風景 教室の風景
教室の風景 教室の風景 教室の風景 教室の風景

▲クリックすると、大きな写真が表示されます

まとめ

  • クロスラーニングは、業界初の「オーナー×インストラクター×生徒様」の想いに応える三位一体の教材
  • インストラクター歴10年、かつ教室運営責任者がプロデュース
  • テキストと映像、それぞれの長所を組み合わせることで授業の質を高める
  • コミュニケーションに軸をおいた教材のため、継続率が向上
  • 多様な教材ラインナップで、生徒様のニーズに応えることが可能

目次へ戻る

クロスラーニングの授業の流れ

1.映像を見て納得!

1.映像を観て納得

まず、生徒様へこれから学ぶことの概念や学習内容、操作手順を収録した、約10分の映像講座をご覧頂きます。
この間、生徒様はパソコンの操作をせず、またインストラクターも指導を行いません。

2.講師と一緒に学ぶ

2.講師と一緒に学ぶ

テキストを見ながら、実際に操作して、学習を進めます。
ここでインストラクターの解説を受けるので、理解度がアップします。

3.自分でやってみて理解

3.自分でやってみて理解

一通り学習を終えたら、テキストの随所にちりばめてある「チャレンジ問題」をこなしていただくことで、自信がつきます。

4.繰り返しで身に付く!

テキストの巻末には、総合課題が付属。何度も課題をこなしていく過程で、生徒様の習熟度がよりいっそう深まります。また、このように課題が付属していることで、それらをインストラクターが作成する時間が削減できます。

生徒様の習熟度に合わせて組み込み可能!カリキュラム例

クロスラーニングは、パソコンは初めて触る!という方から、「インターネットをしたい!」「メールをしたい!」まで、生徒様のニーズとレベルに合わせてカリキュラムを作成できます。

カリキュラム作成例

入会/お問合せ時に、初めてパソコンを触る方で、一通り使えるようになりたい、というリクエストがあった場合には、次のようなカリキュラムを作成します。
まずは入門コースの教材で基礎を学んでいただき、終了した後に生徒様に再度ヒアリング&提案を行い、活用コースへと進めていきます。
テキスト1冊を学習し終わるのに、およそ6~8時間必要ですので、合計36時間~48時間の授業が組み上がったことになります。

クロスラーニングカリキュラム

まとめ

  • 4ステップを繰り返すことで、生徒様の習熟度がアップ!
  • 課題が豊富に付属!インストラクターの課題制作時間が削減できます
  • 生徒様のレベルに合わせてカリキュラムが組み立てやすい!

目次へ戻る

POINT4 クロスラーニングが提供する3つの価値

インストラクターの個性を活かしながら、質の高い授業をサポート

クロスラーニングは経験の浅いインストラクターをサポートいたします。本教材には、長年のインストラクター業務で培われた、「どう伝えたら、どんな例えを用いれば、生徒様へ分かりにくい操作が伝わるのか?」というノウハウを、ふんだんにちりばめています。
また、口頭では、伝わりにくい概念的なことを、映像がフォローすることで、経験の浅いインストラクターも、ベテランのインストラクターも、高い品質の授業を行えるようサポートいたします。
クロスラーニングを活用していただくことによって、一貫性のある安定したサービスを生徒様に提供することが可能となります。

インストラクターの個性を生かす教材

受講スタイル(クラス授業、個別学習、ビデオ)の幅が広がる

パソコン教室は、受講者一斉に行うクラス授業形式、同じ時間に一人一人学ぶ内容が異なるフリーレッスン形式、DVD・e-ラーニングで行う独学形式と大きく3つの授業形式に分類されます。
クロスラーニングはどの授業形式でもお使いいただくことができますので、どのタイプのご要望があっても受け入れることが可能です。生徒様の好みの授業形式を行うことで、満足度向上、ひいては継続率の向上へとつなげていくことができます。

授業スタイル例

コミュニケーションを促進する(生徒様×インストラクター×オーナー)

インストラクター業務が過酷である理由のひとつとは、授業が終わった後にも、補足テキストの作成業務に追われるということにありました。
クロスラーニングでは、1冊約100ページ、課題も豊富に付属したテキストを提供。本来注力するべき、生徒様とインストラクター、オーナー間の「コミュニケーション」の時間を確保することを可能とします。
また、オーナー様が教室運営において、重要な集客活動や経営の部分に時間を割くことを支援します。
オーナー様が授業も課題テキスト作成も何でも一人でやるとなると、集客活動、経営、営業、といっとたところまで、手が十分に回らなくなり、オーナー様のお仕事がおろそかになりがちです。

安定した教室運営をしっかりやっていくためには、オーナー様がやるべきことに時間を割くことができ、インストラクターの方が質の高い授業を行えるようにするための教育が必要不可欠となってきます。しかし、ただでさえ忙しいオーナー様にとって、分かってはいても中々、インストラクターの教育に十分な時間を割けないという現状もあると思います。

クロスターニングは、教室様をサポートするものでもありますが、それをしっかりと活用していただかないことには、十分な満足度を提供することは難しいものがあります。
そこで、ご活用していただきたいものが、ウォンツ研修サポートになります。

生徒様、インストラクター、オーナー

まとめ

  • 新人インストラクターでも均質化した授業ができるよう、徹底サポート
  • 授業形態の幅が広がることで、個別授業だけでなくクラス授業といったスタイルも提供でき、売上柱を増やすことができる。また、生徒様の通学スタイルにあ割ることができ、今まで取り込めなかったお客様を集客することが可能となります。
    これによって、安定した教室運営、集客、幅広いお客様のニーズを取り込むことができます。
  • オーナー様、インストラクター、生徒様間、三者の想いに応えることが可能。

目次へ戻る

POINT5 ICTグランドマスターがクロスラーニングを推薦

4,000名のインストラクターを育てた「教育のプロ」が推薦
「すべてのパソコン教室、すべての生徒さんに使ってほしい教材です」

推薦者:青山 司

推薦者:青山 司(あおやま つかさ)
プロフィール

ICT能力開発協会 理事。企業の人事・教育担当、某パソコン教室FC教育部長を経て、マイクロソフトICTマスタープログラム、チーフ・エグゼクティブ・インストラクターを務め、現在に至る。
社会人教育30年の経験を生かしながら、「すべての人にICTの利活用を」を旗印に、「共育」の理念で全国のICTマスター育成に邁進。2000名を超える講師を育成

推薦文

私は、1995年Windows95が登場して以来、15年以上パソコン教室の運営、講師の指導に携わってきました

一概にパソコン教室といっても、いろいろな形態があります。受講者一斉に行うクラス授業形式、同じ時間に一人一人学ぶ内容が異なるフリーレッスン形式、ビデオ・DVD・e-ラーニングで行う独学形式、等々、大きくは3つの形式に分類されます。それぞれの、長所短所はありますが、お客様である生徒さんで初めて来られた方は、
「パソコン教室ってこれが一般的なのか」
と思われてしまうことを良く見かけます。

多くの教室は、お客様である生徒さんのニーズを取り込めないまま、初めからお客様を逃したり、途中でも継続して長くいていただけるお客様を逃していることが多くあります。また、お客様のニーズと共に、経営者の視点と、直接現場で生徒さんと接する講師の視点が異なることもあります。

本来は、生徒さん、講師、経営者が三位一体になって初めて、それぞれのニーズを満たすことが出来ます。

講師に必要なスキルは、私も著書「共育10か条」に書かせていただいていますが、5のスキル、「コミュニケーションスキル」「インストラクションスキル」「コーチングスキル」「ファシリテーションスキル」、そして、すべての基盤にある「ヒューマンスキル」があります。

ですが、往々にして講師は、いわゆるインストラクションスキルとしてのスキルのみが先行して、一番大事なお客様とのコミュニケーションスキルやコーチング、ファシリテーションスキルが忘れがちになり、経営者が望む(本当は、お客様が望む)生徒さんが教室から離れてしまう原因となっていることが良くあります。

講師の視点からいうと、お客様が望む、様々なご要望に対応するとなると、常に多くのインプットとしての学びが精一杯で、お客様一人一人との対応が疎かになる傾向があります。

このようなそれぞれの立場の様々な弊害を解決し、15年に及ぶ教室経験をもとに、様々な経営形態の長所と短所を研究して、お客様のニーズに沿って、経営者と講師が一体となって当たれる教材がこのウォンツ「クロスラーニングシステム」です。

今までに来ていただけなかったお客様の取り込みと長期の継続、そして、講師の負担を軽くしながら、講師も成長でき、経営の安定化も目指せる教材が実現しました。まずは、その素晴らしさを経営者、講師の皆さんに体験していただきたいです。

まとめ

  • クロスラーニングは、インストラクター4000人を育てた教育のプロが推薦
  • 新しい顧客層の取込み、講師の負担経験、経営の安定を目指すことができる

目次へ戻る

POINT6 クロスラーニング導入を決めたオーナー様の声

クロスラーニング導入教室のオーナー様の声をご紹介いたします。
※オーナー様のご許可を得て掲載いたしております。

インストラクターの作業軽減、生徒さんとのコミュニケーション円滑化を期待!

当教室は小規模であり、これまでのeトレーニング教材で全く不都合がなかったので、当初クロスラーニングの導入は考えておりませんでした。

ですが、クロスラーニングの開発経緯を伺ったことで、導入を決めました。これまで、「インストラクターの仕事だから」と疑うことなく行ってきた作業が、この教材を導入することで軽減され、生徒様とのコミュニケーションがはかりやすくなるということに、講師兼オーナーの私としてはとても興味があり、どの程度違うものなのか試したくなりました。

やなぎだパソコン教室

インストラクターが余裕をもって生徒様へ対応できるように!

インストラクターが余裕を持って生徒様へ対応できるよう、何か新しい授業方法はないか?と模索していたところでしたので、導入を決めました。

アミューズ谷山パソコンくらぶ

目次へ戻る

POINT7 クロスラーニングの料金プラン

料金体系

※テキストの卸販売価格が変動いたしますので。詳しくはお問合せください。

目次へ戻る

導入校さまの声

講師の時間単価が上がり、教室経営の安定化につながっています。 京都マエダクラスオーナー兼インストラクター前田先生

授業がとってもしやすい。クロスラーニングは最強だと思います! パソコン教室ハートフルチーフインストラクター杉川先生

資料請求はこちら このテキストの導入をご検討の場合まずはお問合せください。 お問い合せはこちら

  • 採用情報
  • パソコン教室の現状とクロスラーニングのご紹介
  • 資料請求はこちら クロスラーニングご導入のご検討や、ご不明な点はお問い合わせください。 お問い合せはこちら
  • オーナー様管理画面 テキストのご注文、補足資料のダウンロード
はこちらから クロスラーニングWEBサイト
  • クロスラーニング映像配信サイト テキストと連動した動画を視聴する場合はこちらから クロスラーニングWEBサイト
  • 自分のペースで学べる映像講座 ネット動画eラーニングシステム eトレーニングはこちら
  • 営業訪問記
  • 取材履歴はこちら 新聞、テレビ、雑誌、ラジオなど取材頂きました。 取材履歴一覧はこちら
  • いじめ撲滅バンド一途

教材に関するお問合せ資料請求はこちらから

  • TEL:03-6277-6775 (受付時間:平日10:00〜18:00)
  • FAX:020-4623-2729