クロスラーニングご利用の声

クロスラーニングを ご導入いただいた教室様の声を掲載しています

講師の時間単価が上がり、教室経営の安定化につながっています。 パソコン教室マエダクラス オーナー兼インストラクター 前田 祐一様

教室様のご紹介

パソコン教室マエダクラス

クロスラーニング導入教室

パソコン教室マエダクラス

2010年12月に開校。
「笑顔をうみ、まもり、つなげる。そして明るい未来へ」を理念に、生徒様一人ひとりの「これがしたい」に誠実に応え続けています。
初めてパソコンを学ぶ方から資格取得を目指される方まで幅広く生徒様が通われる、とてもアットホームな雰囲気の教室です。
ホームページはこちら

前田 祐一先生

パソコン教室マエダクラス オーナー兼インストラクター

前田 祐一先生

どの授業コースも「これができた」と、笑顔になることがモットー。誠心誠意に教える姿勢とユーモアーたっぷりの話しぶりには、多くの生徒様から信頼が寄せられています。

クロスラーニング導入教室様の感想

集中力が途切れることなく、最後まで授業を楽しんでおられますね。

インタビュー担当:向川
クロスラーニング事務局長/(株)ウォンツ 東京支社長 向川 誉(以下、向川)
「クロスラーニング」に興味を持たれたきっかけを教えていただけますか?
導入パソコン教室:杉川先生
杉川 雅彦先生(以下、杉川先生)
大阪で開催された説明会で初めて「クロスラーニング」のことを知ったのですが、第一印象は、私が思っていた想像通りの教材だと感じました。
映像を通して、イメージで概要をつかみ、その後講師がフォローを入れるスタイルの授業をしたいなあと考えていたのですが、まさにその通りでした。実は自分で作ろうかなと思っていたほどです(笑)。「クロスラーニング」には、映像でも、ちょうどよい時間の映像がついているので、これがとてもいいですね。
インタビュー担当:向川
クロスラーニング事務局長/(株)ウォンツ 東京支社長 向川 誉(以下、向川)
「クロスラーニング」で授業をされた感想はいかがでしょうか?
導入パソコン教室:杉川先生
杉川 雅彦先生(以下、杉川先生)
とにかく一斉授業の生徒さんも個別学習の生徒さんも、どなたも楽しんで授業を受けておられます。
私の授業は雑談が多いのですが、映像でずっと学習するのとは違い、「クロスラーニング」だと講師が話しながらフォローをするので、私の雑談力が活かされています(笑)。
また映像を見ている間は操作をしないで見ている時間になりますので、生徒さんの集中に緩急が生まれて、集中力が途切れることなく、最後まで授業を楽しんでおられますね
生徒さんには最低でも一年間は続けて通っていただき、楽しんで「笑顔」になっていただきたいと思っていますが、「クロスラーニング」だとそれが実現できそうで期待しています。

生徒さんの学びがどんどん進んでいくので、驚いています。

インタビュー担当:向川
向川
クロスラーニングを利用されて、よかった点を教えていただけますか?
導入パソコン教室:杉川先生
前田先生
教室の視点から見れば、インストラクターの負担が少なくなりました
「クロスラーニング」をきっかけに、一斉授業が始りましたので、生徒さんからの視点では、共同学習する楽しさが挙げられます。あと、インストラクターから見ても、生徒さんから見ても、テキストがよくできていますね。
生徒さんの学びがどんどん進んでいくので、驚いています。人が五感から受ける情報の7割は「視覚」からといいますので、映像で見たことが、頭に残っているのでしょう。
インタビュー担当:向川
向川
学習する際に、人間が持つ特性(情報の7割を視覚から得る)を有効活用しない手はないですね。

「クロスラーニング」であれば熟練レベルの経験がなくても、一斉授業を行えると感じました。

インタビュー担当:向川
向川
2011年12月から一斉授業(グループレッスン)をスタートされたと伺っていますが、そのきっかけは何でしたか?
導入パソコン教室:杉川先生
前田先生
教室経営のことも考えると、実は開校当初から一斉授業もやりたいと思っていました。
ですが、熟練レベルの講師スキルが必要だと考えていまして、一斉授業にはいまいち踏み切れなく、個別学習とビデオ学習の教室としてスタートしました。
2011年7月から「クロスラーニング」を個別学習の教材として取り入れたのですが、使っている内に、「クロスラーニング」であれば熟練レベルの経験がなくても、一斉授業を行えると感じました。
「クロスラーニング」の映像の時間が5~10分程度なので、映像教材と違い講師が説明する時間もきちんととれるし、テキストだけの教材と違い講師にも休む時間が生まれ、負担なくちょうどよいバランスで授業を行うことができます。そこで「クロスラーニング」を使った一斉授業をスタートさせたのです。

一斉授業(グループレッスン)を途中でやめる生徒さんはいません(笑)

インタビュー担当:向川
向川
一斉授業(グループレッスン)をされてみての感想はいかがですか?
導入パソコン教室:杉川先生
前田先生
まず授業の日にちが決まっているので、こちらとしては一週間のスケジュールがとても立てやすいです
一斉授業の生徒さんには、とにかく絶対に来なくてはいけないという負担をなくしたいと思って、一ヶ月間は最低限通っていただきますが、コースは途中で止めてもいいことにしています。実際にはそのような生徒さんはいませんが(笑)
『始めてコース』という初級のコースは、パソコンの電源の入り切りから始まります。今は一ヶ月目の「Windows7入門」の講座が終わったところです(編集者注:インタビューは2012年1月に行われました)
タイピングについては、一コマ90分の授業を2回行ったのですが、授業だけでは習得にいたらず、宿題にしています。
ちゃんと宿題をされている方はきちんとできていますね。実は一斉授業は最初110分で行っていたのですが、講師の負担が大きく、個別授業が90分との兼ね合いもあって、一コマ90分(週一回)にしました。ですが、ちょっと短い感じですね。一斉授業の時間としては、今は100分が妥当だと考えています。

パソコン教室マエダクラス様の一斉授業カリキュラム

講座
12月 Windows入門
1月 インターネット入門
2月 ワード入門(1)
3月 メール入門
4月 ワード入門(2)
5月 インターネット活用

和気あいあいとしていて、授業中には出来たことを仲間内で見せ合っていますね。

インタビュー担当:向川
向川
生徒様の様子はいかがでしょうか?
導入パソコン教室:杉川先生
前田先生
人数が多いため、和気あいあいとした、とてもいい雰囲気です。予め席を決めたわけではないのですが、皆さん毎回同じ席に座られ、授業中にはできたことを仲間内で見せ合っていますね。
インタビュー担当:向川
向川
学んだ成果を仲間内でシェアし合っているとは、とてもいい雰囲気ですね
導入パソコン教室:杉川先生
前田先生
授業後に設けているお茶休憩には、皆さん全員が残っていかれます。雑談を交えながら、今日の授業を振り返りつつ、どなたも楽しんでおられます。どのクラスでも同じ傾向ですし、今では講師である私がいなくても、生徒さん同士でも会話が弾むようになっています(笑)。
【無料】「デジタルカメラ入門」の詳細、サンプル動画はこちら

一斉授業のお問合せをいただいた方がほとんど入会されています。

インタビュー担当:向川
向川
一斉授業クラス(グループレッスン)の募集はどのようにされたのでしょうか?
導入パソコン教室:杉川先生
前田先生
新規に生徒さんを募集して、一斉授業のクラスを組みました。
「リビング京都・中央版」(編集者注:リビング新聞社発行の総合生活情報誌)に、キャンペーンを利用しながら、二回広告を掲載しました。
一回目は、10月に年賀状の無料作成講座を開催し、その講座にて一斉授業のクラスを案内しました。
体験会で同じクラスになった生徒さん同士が、今では一斉授業で同じクラスになっています。二回目は、一斉授業そのものを案内する広告も打ちましたけれども、、反応がよく、お問い合わせをいただいた方がほとんど入会されています。ですが、生徒さん同士にレベル差がありましたので、入門的な『初めてコース』と一つ上の『活用コース』にクラス分けをしています。いずれも広告のレスポンスは、配布された当日か翌日ぐらいでした

生徒さん同士で教え合うことで、更に修得度が上がっているのを感じます。

インタビュー担当:向川
向川
一斉授業と個別授業との住み分けはどうされていますか?
導入パソコン教室:杉川先生
前田先生
曜日と時間帯で分けています。ある特定のコマを選んで一斉授業のクラスを開講して、同じ時間帯には個別授業の予約は取らないようにしています。
インタビュー担当:向川
向川
インストラクターとして、一斉授業と個別授業とで感触に違いはありますか?
導入パソコン教室:杉川先生
前田先生
開校当初から一年間は個別授業を中心に授業を行ってきました。マンツーマンになることが多いので、講師との人間関係も親密になっていまして、気に入って通ってこられる生徒さんも多いです。一斉授業の方は、生徒さんが講師だけに頼らず、生徒さん同士が教えあう風景が見られます。生徒さん同士で教え合うことで、更に習得度が上がっているのを感じます。

講師の時間単価が上がり、これは教室経営の安定化につながっています

インタビュー担当:向川
向川
一斉授業(グループレッスン)がスタートしたことで、教室経営に影響はありましたか?
導入パソコン教室:杉川先生
前田先生
個別授業と比べると、一度にたくさんの生徒さんを受け持つことになるので、講師の時間単価が上がり、これは教室経営の安定化につながっています。個別授業だと授業の質のことを考えると、一人の講師で対応できる人数は限られてしまいますからね。
インタビュー担当:向川
向川
一斉授業(グループレッスン)を始めて、大変だったことはありますか?
導入パソコン教室:杉川先生
前田先生
「クロスラーニング」のテキストはよくできていますよね。授業がとても進めやすく、映像もうまいこと使い分けていますので、特にないです。ただ、授業の時間割は生徒さんに合わせて、教室オープン後からも三回ぐらい変更しています。

クロスラーニングだと、インストラクターの負担が減るので、今後は対応できる生徒数を増やせるのではないかと期待しています

インタビュー担当:向川
向川
今後の予定はいかがでしょうか?
導入パソコン教室:杉川先生
前田先生
春には桜の季節にあわせて、イベントを行うことを予定しています。
そのイベントの募集広告も出す予定で、そこからの集客に期待しています。また今後は、半年間ほど通われている個別授業の生徒さんを一斉授業へと促しながら、一斉授業のコマ数を更に増やしていきたいと思っています。
またクロスラーニングだと、個別学習でもインストラクターの負担が減るので、今後は対応できる生徒数を増やせるのではと期待しています。夏には学生向けのMOS資格対策の講座も始める予定です。
インタビュー担当:向川
向川
いずれも講師の時間単価を上げることにつながりますね。
最後に、今後の「クロスラーニング」に期待するところを教えていただけますか?
導入パソコン教室:杉川先生
前田先生
生徒さんからは特にデジカメへの要望が多いですので、撮影した後の写真をどのように楽しむのかをお伝えする活用編を期待しています。

その他の導入校様の感想

TaxHouseパソコン教室玉造校 間狩先生のご感想

パソコン教室ハートフル 杉川先生のご感想

資料請求はこちら このテキストの導入をご検討の場合まずはお問合せください。 お問い合せはこちら

  • 採用情報
  • パソコン教室の現状とクロスラーニングのご紹介
  • 資料請求はこちら クロスラーニングご導入のご検討や、ご不明な点はお問い合わせください。 お問い合せはこちら
  • オーナー様管理画面 テキストのご注文、補足資料のダウンロード
はこちらから クロスラーニングWEBサイト
  • クロスラーニング映像配信サイト テキストと連動した動画を視聴する場合はこちらから クロスラーニングWEBサイト
  • 自分のペースで学べる映像講座 ネット動画eラーニングシステム eトレーニングはこちら
  • 営業訪問記
  • 取材履歴はこちら 新聞、テレビ、雑誌、ラジオなど取材頂きました。 取材履歴一覧はこちら
  • いじめ撲滅バンド一途

教材に関するお問合せ資料請求はこちらから

  • TEL:03-6277-6775 (受付時間:平日10:00〜18:00)
  • FAX:020-4623-2729