クロスラーニングご利用の声

クロスラーニングを ご導入いただいた教室様の声を掲載しています

「映像教材だけでは身に付かない」その弱点をカバーする教材が「クロスラーニング」 taxHouseパソコン教室玉造校 教室長 間狩 ゆかり様

教室様のご紹介

TaxHouseパソコン教室玉造校

クロスラーニング導入教室

TaxHouseパソコン教室玉造校様

2007年開校。大阪・玉造駅すぐの商店街内にあるパソコン教室。
シニアから、主婦、学生、フリーターまで、幅広い層の受講生が熱心に通学する。2009年7月にMOS試験※会場校として認定、資格対策講座にも力を入れ、のべ70人の合格者を輩出。クロスラーニングは2011年9月より導入。
※MOS試験…Microsoft Office Specialist資格
ワードやエクセルなどのオフィス製品のスキルを証明する資格。

ホームページはこちら

TaxHouseパソコン教室玉造校

TaxHouseパソコン教室玉造校 教室長

間狩 ゆかり先生

リゾートホテルでの接客対応、大手資格系パソコンスクールでのインストラクターの経験を活かし、教室長として活躍。
インストラクター歴は9年。マイクロソフトオフィシャルトレーナーの有資格者として、主に資格対策講座を担当。「仕事に活かせる資格 」をモットーに、親身になって指導する姿は、多くの生徒から厚い信頼が寄せられている。

クロスラーニング導入教室様の感想

「映像教材だけでは身に付かない」その事実を変える教材が、「クロスラーニング」

インタビュー担当:向川
クロスラーニング事務局長/(株)ウォンツ 東京支社長 向川 誉(以下、向川)
いつ、どのようなきっかけで「クロスラーニング」に興味を持ちましたか?
導入パソコン教室:間狩先生
間狩 ゆかり先生(以下、間狩先生)
わたくしは元々一斉授業のインストラクターをしておりまして、映像(ビデオ)学習形式の授業も実際にしたことがあります。
映像学習で感じることは、生徒様が映像を見ながら操作をしていると、なかなか生徒様のスキルが身に付いていないことが気になっていました。
というのは、教室ではできた感じだけれども、家に帰ったらできないとか、また受講生の方から例えばWord(ワード)であれば、基礎、応用まで講座が進んでいるにもかかわらず、初歩的な質問をいただくことがありました。
映像だけに頼った学習スタイルは、自分で考えるのではなく、真似て操作をしているだけだと、いつまで経ってもなかなかスキルが自分のものにならず、それが大きな欠点だなと感じ、またそれが自分の中でストレスに感じていたところでした。
ですので、できるだけ受講生の方には操作をする時は映像を止めて、テキストを見ながら操作することを薦めています。
インタビュー担当:向川
向川
映像を見て理解はできたけれども、自分一人でできるまでには至っていないということなのですね。
導入パソコン教室:間狩先生
間狩先生
そうです。ですので、Office 2010をきっかけに、映像学習形式のよくない部分を改善しようと考えていたところ、「クロスラーニング」のことを聞きました。
「クロスラーニング」はテキストが主体で、それを補足する映像とセットになっている教材と聞いたので、それはいいのではないかと興味を持ったのです。
従来のような映像講座が主体だと、テキストを読む読解力が身に付かず、テキストに何が書いてあるのかわからないままです。
しかし、テキストが主体で映像がテキストを補足する「クロスラーニング」では、映像を見て理解し、テキストを読みながら操作するスタイルなので、映像学習形式の欠点が改善されるのではないかと感じています。
今ですとOffice2010を持たれている方も多く、「クロスラーニング」のWord入門講座が2010で作成されていて、ラインナップもそろってきているので、いいタイミングだなと思って、受講生の方に薦めています。
インタビュー担当:向川
向川
つまり、映像学習形式だけでは、生徒様の最終的なスキル習得に至るのが難しいということなのですね。
導入パソコン教室:間狩先生
間狩先生
授業がある程度まで進んでいるのに、生徒様から初歩的な質問がでてくるのは、インストラクター側と教材側の両方の問題を含んでいるのではと考えてます。

生徒様にスキルが「身に付く」サポートアドバイスもしやすいです

インタビュー担当:向川
向川
実際に「クロスラーニング」を手にされての第一印象はいかがでしたでしょうか?
導入パソコン教室:間狩先生
間狩先生
ありがたい教材ができたと思いました。
インストラクターとして一番気になることは、教室ではインストラクターがいますけれども、生徒様が自宅に帰られてからも自分一人でできるかということです。
映像学習形式で学ばれたある受講生から、「何年も通ったけれども、全然わからなかった」という声を聞いたことがあります。それがすごく嫌なのです
テキストが手元にあって、テキストを見て操作ができるようになれば、例えば教室をやめられた後、全部ができるようにならなくても、通っていたおかげで、「これはできるようになった」「テキストをみれば、何とか自分でできるようになった」という感想をもっていただければ、それがいいと思っています。
テキストがしっかりしたかたちであれば、後はテキストを見ながらご自身で操作ができますし、わたしたちインストラクターもサポートがしやすく、アドバイスができます

シニアの方にはクロスラーニングが絶対に向いています。

インタビュー担当:向川
向川
「クロスラーニング」の利用をスタートしようと思われた時に、他の教材と比べましたか?
導入パソコン教室:間狩先生
間狩先生
わたしどものFCではウォンツさんと大栄教育システムさんの教材を採用しています。
受講生のタイプにあわせて、この方はウォンツさんの教材、この方は大栄教育システムさんの教材と使い分けています。
利用できるシーンが違っていますので、傾向としては、仕事で使いたい方や若い年齢層の方は大栄教育システムさんの教材を使っています。
WordやExcelなどパソコンを楽しみたい、楽しく勉強ができればいいという年齢層の高い方には、クロスラーニングが絶対に向いていると思います
そのような方はまず授業に溶けこんでいただくことから始まりますので、受講生のタイプを見て、クロスラーニングを薦めています。
クロスラーニングのテキストは文字が大きく、イラストもたくさんあり、操作の勉強というよりも、ひとつの作品の完成を目指してステップを踏みながら操作を学ぶスタイルですので、シニアの方も覚えやすく、ストレスをあまり感じていないようです。
ですので、年齢層の高い人とかパソコンに苦手意識がある人には、クロスラーニングを積極的にお薦めしています。
インタビュー担当:向川
向川
「クロスラーニング」で学ばれている生徒様の反応はいかがでしょうか?
導入パソコン教室:間狩先生
間狩先生
生徒様からは、「わかりやすく、家でも自分一人で復習できる」と好評です
Word入門(1)と(2)を受講されたある生徒様は、「Wordがとても楽しい」とおっしゃっていました。

生徒様が喜び、インストラクターもそれに答えられる教材。

インタビュー担当:向川
向川
次にインストラクター様からの評価はいかがでしょうか?
導入パソコン教室:間狩先生
間狩先生
生徒様が実際に授業を楽しんでおられると、インストラクターからも好評です。
従来の教材ですと、なかなか授業が進まず、家に帰ってからテキストを見て復習することにハードルがありました。
クロスラーニングのテキストですと、帰宅してからテキストをみて復習することに抵抗感がないようです
受講生の方に「クロスラーニングのテキストはどうですか?」とお聞きすると、「わかりやすくていいですよ、家でもテキストを開きたくなるからね」とおっしゃられています。
インタビュー担当:向川
向川
生徒様からいい反応があると、インストラクターの方もモチベーションがあがるということですね。
導入パソコン教室:間狩先生
間狩先生
はい、そういうことです

書き込みをしたり、マーカーを引いたり・・・生徒様にとっても愛着がわくテキスト

インタビュー担当:向川
向川
クロスラーニングを利用されて、よかった点を教えていただけますでしょうか?
導入パソコン教室:間狩先生
間狩先生
テキストがとても見やすいですね。文字が大きく、文字数も多くないので圧迫感がありません。カラーのページやイラストを多用しているので、わかりやすくなっています。自宅に戻り自分一人で復習する際も充分に使用できます
今までは印刷してプリントをお渡ししていました。でも、カラーで冊子状のテキストになりますと、持っている方も嬉しくなり、ちゃんと勉強している、通っている実感をもっていただいています
生徒様の中には、クロスラーニングのテキストにマーカーでラインを引いたり、一生懸命にご自身で書き込みをされるなど、使い込んでおられる方も多いです。テキストにメモ欄や余白がしっかりと取られているので、書き込みしやすいのだと思います。また、作品に身近な題材が選ばれていますので、わかりやく、生徒様も楽しまれています。

「テキスト代別途」に対して、生徒様から悪い反応はありませんでした。

インタビュー担当:向川
向川
従来は印刷したプリントを無料で配布されていたと伺っています。生徒様にテキストを販売してみての反応はいかがでしたでしょうか?
導入パソコン教室:間狩先生
間狩先生
特に問題はなく、すんなりとテキストを購入いただいています。
実際にテキストをお見せしながら、「文字は大きいですし、カラーできれいですし、家でも復習できますので、このテキストはいいですよ」と、テキスト代がかかることを説明したのですが、特に悪い反応はありませんでした。「お金がかかるのでしたら、テキストはいらないです」という方は一人もいらっしゃらなかったのです。
そして、テキスト代だけを見るとそれほど利益は出ていないのですが、プリントを印刷していた時にかかっていたインク代や手間暇の人件費のコストが、クロスラーニングによりゼロになっています
また、プリントの原本自体はカラーなのですが、印刷する時はコストの関係でどうしてもモノクロで印刷していました。
クロスラーニングのテキストに替わってからはカラフルになり、生徒様のほうも勉強している充実感を感じているようです。
やはり売る側である私たちがテキスト販売に抵抗を感じていますと、売る時のトークが変わってしまうので、こちらがハードルを感じないようにしています。

テキストと映像がセット。だからこそ、映像教材のデメリットは感じません。

インタビュー担当:向川
向川
クロスラーニングのテキストには適切なポイントで映像があるのですが、その映像を利用されての感想を教えていただけますでしょうか?
導入パソコン教室:間狩先生
間狩先生
全11席の個別学習授業を行っているのですが、クロスラーニングの映像へのデメリットは感じていないです。
最初のカリキュラムであるWindows7入門の授業では、(生徒様がクロスラーニングの映像の使い方自体に慣れていないから尚更だと思うのですが)どうしても個別に対応する時間が出てきます。ですから、タイミングによってはインストラクターへの負担が大きくなる時もありました。
しかし、大変だったのはこのWindows7入門の1ヶ月目だけで、次の講座であるWord入門(1)まで進むと、生徒様もご自身で映像を見ながら、テキスト通りに読み進めていかれるので、インストラクターも大変だと感じることはなくなりました。途中で生徒様に様子をお聞きしても、「わかりやすいです!大丈夫です!」と返事をくださいます。
最初のほうは生徒様と話す機会が多いかなという印象でしたが、生徒様が慣れてくるにしたがって、授業はとてもスムーズに進んでいます。
インタビュー担当:向川
向川
クロスラーニングに期待しているところを教えていただけますか?
導入パソコン教室:間狩先生
間狩先生
特に年配の方はテキストを読もうとされない傾向がありますので、それを如何にしてテキストに集中していただくか、というインストラクターとしての課題があります。
クロスラーニングには映像があることで、テキストをずっと読むだけにならず、頭を切り替えるタイミングができます。
引き続き、テキストと映像を組み合わせたクロスラーニング教材の制作を期待しています。
インタビュー担当:向川
向川
当社ウォンツへの今後の期待や要望を教えてください。
導入パソコン教室:間狩先生
間狩先生
生徒様の中には趣味や頭の体操として、Wordのシェイプアートを楽しまれる方がいらっしゃいます。
Wordを一通り学び終えた方でも楽しめるこうしたラインナップも増やしていただけるといいですね。

その他の導入校様の感想

パソコン教室ハートフル 杉川先生

京都マエダクラス 前田先生

資料請求はこちら このテキストの導入をご検討の場合まずはお問合せください。 お問い合せはこちら

  • 採用情報
  • パソコン教室の現状とクロスラーニングのご紹介
  • 資料請求はこちら クロスラーニングご導入のご検討や、ご不明な点はお問い合わせください。 お問い合せはこちら
  • オーナー様管理画面 テキストのご注文、補足資料のダウンロード
はこちらから クロスラーニングWEBサイト
  • クロスラーニング映像配信サイト テキストと連動した動画を視聴する場合はこちらから クロスラーニングWEBサイト
  • 自分のペースで学べる映像講座 ネット動画eラーニングシステム eトレーニングはこちら
  • 営業訪問記
  • 取材履歴はこちら 新聞、テレビ、雑誌、ラジオなど取材頂きました。 取材履歴一覧はこちら
  • いじめ撲滅バンド一途

教材に関するお問合せ資料請求はこちらから

  • TEL:03-6277-6775 (受付時間:平日10:00〜18:00)
  • FAX:020-4623-2729